エレベーターを保守しておけば毎日安全に利用できる

マンション

安心を維持するために

エレベーター

高層の建物や障がい者の方にも広くご利用いただく施設には、必ずといっていいほど「エレベーター」があります。エレベーターは車いすでも乗車できますし、多くの人数を一度に運べる箱型の移動が可能です。また、高層マンションのような住居の場合、エレベーターはなくてはならないものです。日々の移動に何度も何度も使用されるもなので、事故が発生しないように保守管理を行う必要があります。保守管理は日々のメンテナンスはもちろんのこと、修理や修繕にも適応していく必要があります。マンション管理人のような一般的な方のフィールドとは異なっているので、エレベーターの保守管理は「委託」を行うことが一般的です。委託とは、メンテナンス全般と管理会社と契約して委託する方法です。

東日本大震災は都内でも都外でも非常に多くのエレベーターがストップする事態になりました。それまで、デフレ思考だった日本においてエレベーターの保守管理について「コストを削減」する対象とみなす方も多かったのです。しかし、この震災以降、人の命を預かる機械としてメンテナンス強化に乗り出している企業が増加しています。価格競争では太刀打ちできなかった独立系のビルメンテナンス会社もサービス面の充実で保守管理の分野で多く活躍しています。日々の安全・保守管理はコスト削減の対象にされがちですが、今こそ充実した安全性の高いサービスを見直してみてはいかがでしょうか。万が一の際に備えて行う充実した点検は、企業の危機管理にもプラスになります。

マンションの点検

集合住宅

マンションに設置したエレベーターが安心して利用できるよう、日々の大切なメンテナンスはどのような管理会社にお任せすればいいのでしょうか。メーカー系と独立系に分かれているメンテナンス会社の選び方には、ポイントがあります。

管理会社を選ぶ

ヘルメット

エレベーターの点検作業は、マンションで必ず行われなければならない作業です。エレベーターは毎日利用するものであり、故障のリスクを減らすためにも点検は大切になるのです。まずは信頼できる業者に頼むことが一番です。

独立系のメンテナンス会社

作業員

エレベーターの点検を行うメンテナンス会社には、メーカー直系と独立系とがあり、独立系の会社は製造コストや開発コストを削減しているため、リーズナブルな価格で保守管理契約を結ぶことができます。中でも、緊急時に迅速に対応できる会社は人気を集めています。